即日キャッシングで土日祝日でもお金を借りる!

即日キャッシング以外の他社利用状況確認 【即日キャッシングの審査項目】

2015/04/18

即日キャッシングに申し込むと、必ずと言って良いほど、審査項目として挙げられる項目があります。

その審査項目とは、他社利用状況です。

この他者利用状況とは、別の言葉で言えば、借入件数借入金額のことになります。

ここでは、この2つの要素について見てみることにしましょう。

 

借入件数借入金額の詳細

まずは借入件数です。

これは、即日キャッシングに申し込みをする段階で、何件の借入があるかということです。

もし2件で30万円であれば2件という計算になるし、

3件で50万円であれば、3件という計算になります。

この借入件数については、もちろんですが、少ない方が有利になるのは言うまでもありません。

というのも、この件数が多いと、返済の際の負担が大きく増えてしまうことになり、

いざ即日キャッシングを新たに利用することになった際に、

返済の負担が大きく増えてしまうことになるのです。

もちろんですが、負担が極端に増えてしまえば、毎月の家計もやりくりするだけで

非常に大変なことになるのは、それこそ目に見えているのです。

だからこそ、借入件数は審査の際にきちんとチェックされるのです。

 

では、借入金額はどうでしょうか。

これも借入件数同様、大切な項目になります。

具体的には、年収借入金額のバランスが合っているのかどうかについてチェックされることになります。

この基準については、金融会社次第ですが、一般的には年収の3分の1を超える借入ができると思えば、

その段階で融資を断られてしまうということになりかねません。

 

具体的には消費者金融では総量規制が適用されていますので、

他社の借入金額も合計して「年収の3分の1以下」までしか借り入れできません。

総量規制は基本的に個人の融資に関する法律であり、銀行カードローンは適用外となっています。

そのため法律的には銀行カードローンでしたら、「年収の3分の1」以上の借入も可能ですが、

銀行カードローンの方が審査も厳しくなるので難しいでしょう。

そのまえに「年収の3分の1」以上も借り入れしたら返済するのが大変です。

返済が大変になるのが目に見えている方には、どこの賃金業社も融資してくれないのは言うまでも無いです。

 

総量規制はキャッシングする前に確認して置かなければならないお金を借りる上で重要な法律です。

総量規制の詳細は「日本賃金業協会」HPが参考になりますので、

キャッシングを利用しようと考えている方は、一度目を通して置くと良いでしょう。

 

 

即日キャッシング
>>即日キャッシングに最適な業者はコチラから<<