即日キャッシングで土日祝日でもお金を借りる!

法人クレジットカードの審査の現状と審査基準について

2017/05/09

法人クレジットカードを取得するには、個人用のクレジットカードと同様に審査基準を満たす必要があります。

審査の現状は、特典や付帯保険、サービスの面から、一般的にゴールドカード以上のカードよりも一般カードの方が審査基準が低いと見られています。

審査基準の低いカードの中には、年会費無料で経営者本人と確認できる書類だけで申し込みができることがありますが、個人事業主に限られたり、限度額が100万円以下となったりしますし、付帯サービスがほとんどありません。

駆け出しの個人事業主であれば申し込みやすいですが、ある程度の規模の企業で保有するには難しいでしょう。

会社の存在が確認できることが最低限必要

審査基準が上がりますが、決算書や確定申告書が二期分必要だったり、会社の登記簿の提出を求められたりする一般の法人クレジットカードを取得した方が、サービスや保険の補償面から使い勝手が良いでしょう。

法人クレジットカードの審査の現状としては、まず、会社の存在が確認できることが最低限必要となるでしょう。

会社名義の固定電話は必須となります。法人クレジットカードの支払いは、法人口座からの引き落としに限ると定められている所がほとんどです。

法人クレジットカードを申し込むのに、法人口座を作成していない場合は、事業実態がないと判断され、審査に落とされることになるでしょう。

また、会社のホームページが開設されているかどうかもポイントになる場合があります。

会社のホームページの出来よりも、自社を紹介するホームページの有無が評価されます。

ホームページがあれば、会社として活動していると見なされますので、簡単でも構いませんので、開設するといいでしょう。

 

http://www.dharmathecatswisdom.com/が参考になりました。

 

即日キャッシング
>>即日キャッシングに最適な業者はコチラから<<